美容外科の看護師求人に強い転職サイトは?

美容外科の看護師求人選びの参考に!未経験者も大丈夫!

「美容外科の事がずっと気になってるんだけど、仕事内容が未知すぎて…」「美容外科の求人って結構あるけどブラックなんじゃない?」「お給料は本当に良いの?」といった不安や疑問を持っている方は多いと思います。

このように、美容外科未経験の看護師さんは、どのような美容外科クリニックを選べば良いのか迷ってしまいますよね。

では、美容外科の看護師求人を選ぶ時には、どのようなことに注意して求人を選べば良いのでしょうか?

当サイトでは、美容外科の仕事内容やメリット・デメリット、転職事情や求人選びの注意点など多岐に渡るテーマについて、詳しくお話させていただきます。

美容外科の看護師求人選びの注意点=ノルマの有無やプレッシャーの程度

美容外科の看護師求人を選ぶ時には、まずはノルマの有無を確認しておきましょう。美容外科の看護師は、患者さんに対して営業をしなければいけません。

カウンセリングをして施術を提案したり、施術中や施術後に営業トークをしてさらに施術を契約してもらったり、化粧品を購入してもらったりなどですね。

美容外科クリニックによっては、この看護師の営業に対して、ノルマを設けているところがあります。ノルマが設定されていると、それをプレッシャーに感じて、ストレスになることがあります。

特に、美容外科クリニック未経験の看護師さんは、営業のやり方などがわからず、営業成績が伸びませんので、ノルマをクリアできないと、上司から嫌味を言われたり、肩身が狭い思いをすることがあるんです。

また、ノルマがない場合でも、営業成績が悪いと「なんでそんなに契約が取れないの?」とか「もっと頑張ってもらわないと困るんだけど」とプレッシャーをかけられることがあります。

プレッシャーをかけてくる美容外科クリニックで働くと、表向きはノルマがないけれど、実質はノルマがあるようなものです。

そのため、美容外科の看護師求人を選ぶなら、ノルマの有無やノルマがない場合のプレッシャーの程度を確認するようにしましょう。

美容外科の看護師求人選びの注意点=教育体制

美容外科の看護師求人を選ぶ時には、教育体制はどうなっているかを確認しなければいけません。

美容外科の看護師の仕事は、採血や点滴など一般的なものもありますが、オペの介助や医療用レーザーの照射など、一般の病棟や外来、クリニックでは使わないものも多いです。

そのため、最初に丁寧に指導してくれるところを選ばないと、なかなか仕事を覚えられずに、患者さんにもあなた自身にも辛い状況になってしまうのです。

また、美容外科クリニックの看護師は営業活動を行います。あなたは、「カウンセリングをして、患者さんに施術を契約してもらってください」と言われて、上手に営業をすることができますか?

一般的な職場の看護師は、営業なんてしたことがありませんよね。どうすれば、契約してもらえるのかなんて、なかなかわからない人も多いと思います。

営業成績が思うように伸びなければ、インセンティブがもらえませんので、「これじゃ、病棟で働いていたほうが良かったかも」と思えるようなお給料しかもらえないこともあります。

そのため、営業のいろは、営業トークのコツなども指導してもらわないといけません。

美容外科の求人を選ぶ時には、プリセプター制度があるなど教育体制が整っている美容外科クリニックを選ぶようにしましょう。

美容外科の看護師求人選びの注意点=経営状態

美容外科の看護師求人を選ぶ時には、そのクリニックの経営状態も確認しておかなくてはいけません。

病院やクリニックが倒産することは、ほとんどありませんよね。でも、美容外科クリニックは自由診療のクリニックで、景気や口コミに経営状態が左右されるのです。

経営状態が悪くなって、倒産すれば、転職直後に無職になってしまうこともあります。たとえ、倒産まで行かなくても、経営状態が思うようでなければ、突然のボーナスの大幅カットという可能性もあるのです。

去年までは、ボーナスは6ヶ月分支給されていたのに、今年に入って経営状態が一気に傾き、ボーナスゼロなんてことになったら、年収は100万円以上も下がってしまいます。

大幅に年収が下がってしまったら、何のために美容外科に転職したのかわからなくなりますので、経営状態が安定していて、倒産やボーナスの大幅カットのリスクが少ない美容外科クリニックを選びましょう。

絶対に倒産や大幅なボーナスカットはないとは言い切れませんが、個人経営の美容外科よりは、全国展開しているような大手美容外科クリニックの方が経営状態は安定している傾向にあります。

美容外科の看護師求人選びの注意点=インセンティブの割合

美容外科の看護師求人選びの注意点、4つ目はインセンティブの割合です。美容外科の看護師の給料は、このインセンティブが大きな割合を占めます。

美容外科の看護師はカウンセリングをしたり、施術中・施術後に営業トークをするなど、施術の契約や化粧品の販売のための営業活動を行います。

そして、契約が取れたり、化粧品を購入してもらうと、それに応じて、インセンティブがもらえるのです。

ただ、このインセンティブの割合は、美容外科クリニックによって異なります。

例えば、契約を取った金額の1%しかインセンティブがもらえない美容外科クリニックでは、たとえ30万円の施術の契約を取っても、インセンティブはたったの3000円です。

でも、契約を取った金額の30%をインセンティブでもらえる場合、30万円の契約で9万円のインセンティブをもらえるのです。

同じ契約を取っても、収入に大きな差が出ますよね。また、営業へのやる気も大きく変わってくるでしょう。

たくさんインセンティブをもらえるなら、気合を入れて営業をしますので、どんどんインセンティブがもらえます。

でも、インセンティブの割合が低いところでは、「頑張ったところで、雀の涙程度でしょ?」と思うようになるので、営業に力を入れなくなるのです。

インセンティブの割合の違いで、看護師の給料はどんどん差が開いていくのです。だから、美容外科クリニックの求人を選ぶなら、インセンティブの割合が高いところを選ぶ必要があります。

美容外科の看護師求人選びの注意点=給料の下限

美容外科の看護師求人選びの注意点、5つ目は給料の下限です。美容外科クリニックの求人には、看護師の想定月収が載っていますよね。

この想定月収は30~50万円のように幅を持たせていることが多いですが、美容外科未経験の看護師さんが求人選びをする時には、上限ではなく下限を給料の参考にして、求人を選んでください。

想定月収の下限の額は、インセンティブがない場合の給料の金額であることが多いんです。基本給+各種手当の額ですね。

転職してすぐのころは、営業のやり方やコツがいまいちわからないので、インセンティブを稼ぐことができません。これは、当たり前のことです。

少しずつ、仕事に慣れていって、営業のいろはがわかってくることで、営業が上手になり、契約を取ることができて、インセンティブを稼ぐことができるのです。

ということは、転職当初はインセンティブをもらえないことを想定しておかなくてはいけません。そして、その想定月収が給料の下限ということになります。

給料の上限は、インセンティブでガッチリ稼いだ時に、「このくらいは稼げますよ」という金額ですので、美容外科経験者で営業に自信がある人は、上限が高い求人を選ぶべきです。

でも、美容外科未経験者は、まずは給料の上限は低くても、下限が高い求人を選ぶと、「もっと稼げると思ったのに!」という事態を回避することができます。

求人情報の給料の下限は、あなたの最低月収を保証してくれるものですので、美容外科の求人を選ぶ時には、給料の下限を見て選ぶようにしましょう。

まとめ

美容外科の看護師求人を選ぶ注意点を5つまとめましたが、いかがでしたか?美容外科の看護師は営業という特殊な仕事があります。営業は、最初はうまくできませんので、それを考慮しながら求人を選ぶと良いでしょう。

美容外科クリニックに転職したい人は、転職支援サイトを使うと良いですよ!転職支援サイトなら、たくさんの美容外科求人を扱っています。

また、担当コンサルタントが5つの注意点を調べてくれますので、「この美容外科クリニックで良かった!」と思えるような美容外科で働くことができるのです。

転職サイトランキングを見る